ラーニングプログラム

Learning Programs

あの日
人知をはるかに超えた自然の脅威に
直面した住民たちは
どう行動したのか?
もしあなたがそこにいたら
どう判断し、行動するだろう?

ラーニングプログラムは自分自身のこととして自然災害について学び合う南三陸311メモリアルのメインコンテンツです。
住民の証言映像をご覧いただき、「もし自分がそこにいたら、どう考え行動するか」をまわりの人と対話しながら考えます。

ラーニングシアター
  • PROGRAM 1

    生死を分けた避難

    レギュラープログラム

    繰り返し津波被害を経験してきた南三陸町。住民たちは、津波などの災害に備え、防災計画をもとに地域あげての避難訓練を定期的に行ってきました。しかし、私たちの想定をはるかに超える大津波により、多くの尊い命が犠牲になりました。あの日、生死の分かれ目に直面した住民たちの証言映像をもとに、人々はどう行動し、町外との連絡がすべて途絶えた中で厳寒の夜をどのように過ごしたのかを知り、自然災害から命を守るために求められる究極の備えとは何かを、他者と語り合うことで新たな学びや発見を得ることができます。
    会場:ラーニングシアター
    所要時間:約60分程度(有料展示エリアの観覧時間を含む)

    ※このプログラムは配布する防災ミニブックを活用しながら進めます。防災ミニブックを持ち帰って、日頃の防災に役立ててください。
    ※このプログラムを小テーマ毎に分けた約30分程度のショートプログラムもあります(有料展示エリアの観覧時間を含む)。お時間がない方は、ショートプログラム上映の時間帯にあらかじめご確認の上、おいでください。

    ショートA「その避難が生死を分ける」
    麻生川敦さん/避難場所だった小学校での判断、“高台避難”か“屋上避難”か。
    ショートB「助かった命を守る」
    松野三枝子さん/雪が降りしきる公立志津川病院の屋上。そこで松野さんを支えたものとは…。
    高橋吏佳さん/300人以上の高齢者が避難した高野会館の屋上。そこで見たものは…。
    ショートC「住民同士の助け合い」
    小野寺寛さん/寒さや恐怖に震えていたあの夜。人々の心と身体をあたためたものとは…。
  • PROGRAM 2

    そのとき命が守れるか

    レギュラープログラム

    町の指定避難場所の多くが津波に襲われた東日本大震災。津波などの自然災害が起こると、想像もしていなかった事態に直面することがあります。避難計画や訓練通りに行動するだけでは、命を守ることが難しくなることもありえるのです。あの日、思いもかけない事態に遭遇し、命がけの判断を迫られた住民たちがいます。彼らの証言映像をもとに、命を守ることが頭で考えるほど簡単なことではないことを知り、自然災害から命を守ることの本質とは何かを自身にあてはめ、他者と対話しながら考えます。
    会場:ラーニングシアター
    所要時間:約60分程度(有料展示エリアの観覧時間を含む)

    ※このプログラムは配布する防災ミニブックを活用しながら進めます。防災ミニブックを持ち帰って、日頃の防災に役立ててください。
    ※このプログラムを小テーマ毎に分けた約30分程度のショートプログラムもあります(有料展示エリアの観覧時間を含む)。お時間がない方は、ショートプログラム上映の時間帯にあらかじめご確認の上、おいでください。

    ショートA「命を守るために」
    小野寺翔さん・三浦貴裕さん/安全だと思い込んでいた避難場所の中学校で、あの日何があったのか。
    ショートB「訓練はその日のために」
    首藤大知さん/3月11日、避難場所近くの高齢者施設に津波が押し寄せるのを目撃した時、高校生の決断した行動とは。
  • PROGRAM 3

    今日から実践できる「防災1アクション」を持ち帰る簡単ワークショップ
    ~南三陸のケーススタディを活かして【学校編】~

    災害が起きると、学校は地域の避難所となることを想定しておく必要があります。教員も生徒も地域の人たちと一緒に避難所生活を送ります。学校が持ち合わせている機能をどのように活かし、生徒はどんな役割を果たすことができるでしょうか。震災当時、生徒・教員として学校で被災した地域住民の証言映像を視聴し、参加者で話し合っていただき、今日から学校や家族で実践できる防災アクションを考え、持ち帰っていただくワークショッププログラムです。
    会場:南三陸ポータルセンター等
    所要時間:約50分

    このプログラムで配布するワークシートを活用しながら進めます。ワークシートを持ち帰って、日頃の防災に役立ててください。

  • PROGRAM 4

    今日から実践できる「防災1アクション」を持ち帰る簡単ワークショップ
    ~南三陸のケーススタディを活かして【一般編】~

    自然災害は、いつどこでどんな状況で起こるかわかりません。携帯電話が使えない場合や、家が被災して戻れない場合など、日常では考えられない状況になります。危険から自分の命を守ると同時に、家族の安否をすばやく確認するにはどうしたらよいか、被災時家族との連絡が取れない経験をした地域住民の証言映像を視聴し、参加者で話し合っていただき、今日から家族や個人が実践できる防災アクションを持ち帰っていただくワークショッププログラムです。
    会場:南三陸ポータルセンター等
    所要時間:約50分

    このプログラムで配布するワークシートを活用しながら進めます。ワークシートを持ち帰って、日頃の防災に役立ててください。